015532B1-E02A-4A91-8DC6-FF479697CBA1.jpeg

柔らかいほど、いいの??

​『甲が出すぎて、トゥシューズで立つことが大変そうで』『柔軟性はあるんですが、踊りの中で活きなくて…』

なにかできることはないでしょうか?

​とご相談を受けることがあります。

【柔軟性】は、バレエや新体操に必要な要素ですが、

踊るためには「コントロールできた柔軟性」が必要になります。

コントロールできない柔軟性は、デメリットにもなり得ます。

少し、関節弛緩性について学んでみましょう!

​関節弛緩性(かんせつしかんせい)とは?

「柔らかいからバレエに向いている」と言われて、

バレエ(や新体操などのアートスポーツ)を始めた

といったケースを良くお聞きします。

関節の柔らかさのことを「関節弛緩性」といいます。

 

一般の方に、わかりやすいイメージでご説明すると

生まれながらのゴムゴムのルフィというイメージです。

 

結合組織が生まれつき緩く、

皮膚や関節が少し柔らかいという特徴があります。

(病的なほど弛緩性が高いものに、エーラス・ダンロス症候群があります)

 

よく「柔らかいほうが怪我をしない!」

という言葉を聞きますが、

 

適度な関節弛緩性は、関節の可動性を高め、

パフォーマンスの向上や怪我の予防に役立ちます。

 

ですが、過度な場合は、

怪我のリスクを高めてしまう可能性があります。

 

新体操やバレエで、時々見かける

・柔軟を頑張っていなくても

 なぜか可動域があり、柔軟性が高い子

・柔軟性はあるのに

 いつもふにゃ〜っとしちゃう子

(先生から見るともったえないに見えるかも??)

は、関節弛緩性の高い場合が多いです。

 

生まれつき柔軟性に富んでいるため、

アートスポーツの世界では

より魅力的に映るかもしれません。

★柔らかすぎるデメリット★​

~弛緩性の高いタイプのデメリット~

関節弛緩性が高い状態とは、

関節を守る役割を果たす靭帯、関節包などの

テンションが低い状態です。

そのため、関節を安定させるためには、

通常よりも筋や筋腱などをたくさん使い

安定性を補う必要がでてきます。

生まれつき関節か緩い(不安定な)ため、

しっかりと安定させるためには、

筋肉のサポートがたくさん必要ということです。

そのため、通常よりも筋・筋腱(動的安定化機構)

を使う場合が多く、

筋・筋腱に負担がかかりやすい特徴があります。

​(痛めてしまうこともあります)

 

1スタジオに1人は…と言っていいほど、

このタイプの方をお見かけします。

筋肉を使うとは、

エネルギーを使うことでもあります。

学校へ出かけ、授業を受け、

下校する頃にはヘトヘト・・・

 

バレエのレッスン(部活の練習なども)に行く前から

疲労を感じているといったケースもあります。

​疲れやすい特徴があります。

先生や親御さんは、この状態からレッスンに

臨んでる可能性もあることを

理解していただけると良いかと思います。

(レッスン中に元気がない?やる気ない?の原因が

「疲労」のこともあるかもしれません。)

★全身の柔らかさを知る方法★​

~全身の弛緩性を知る、テスト10項目~

 

関節弛緩性には、個人差があります。

簡単なチェック方法をご紹介いたします。

【チェック項目10】

①親指が前腕につく

②指を反らしたときに前腕と並行になる

③肘が反対側に15°以上反る

④背中で両手が組める

⑤腕を90°あげて合わせたときに前腕がべったりつく

⑥前屈で手のひらが床につく

⑦立ったとき、180°つま先を外に向けられる

⑧立ったとき、膝が10°以上反る

⑨足関節の背屈が45°以上(スネと床にある足との角度が45°以上)

⑩足関節を最大に底屈した際、母趾と床との距離が5㎝以下

48AFD900-536C-4149-B081-430B72811382.png
3DE695E1-1B0E-4049-B238-2174505146CE.png

【テスト結果は、ポイントで判断】

●片側だけなら0・5ポイント

●両側なら1ポイント

10項目で、合計10点満点

 

※一般的な傾向

男性で2〜3ポイント

女性で3〜4ポイント

これ以上ですと、全身の関節弛緩性

が高いとの判断になります。

バレエや新体操の方の中に、一定数はいらっしゃるはずです。

関節弛緩性が高いと、

筋・筋腱のサポートがたくさん必要になり、

負担も増えてしまいます。​

ご自身(もしくは生徒さん)の身体の特徴を知っておくことは、

運動・競技動作の習得・ケガの予防の観点からも

​必要なことかと思います。

生まれつき、親子で似ている~といった傾向もあります。

​ご家族の皆様と一緒にチェックされることも良いかと思います。

※テスト :足部・足関節のキホンとケアより一部抜粋

※イラスト:tommy作

image2 (31).png
image0 (17).png

★弛緩性の高い場合に必要なこと★

生まれつきの柔らかい組織を変えることは不可能です。

関節の安定性を高めるためには、

サポートしてくれる筋機能を向上させることが必要です。

また、生まれつき伸張性の高い靭帯や関節包などの組織を

これ以上伸ばさないようにすることも必要です。

 

新体操・バレエの方向けにご説明しますが、

習っていない方や他のスポーツでも同じことが言えます。

必要なことを(当院で行っている取り組みも)記載いたします。

以下、

◆ストレッチへのより良い理解

関節に負荷をかけるような誤ったストレッチは、

関節の安定性を下げ、怪我のリスクを高めます。

どんなストレッチが、関節や靭帯に負担をかけるのかを

理解する必要があります。

 

・筋肉が伸びる感覚

・関節包と靭帯が伸びる感覚

 

2つがごちゃ混ぜになり、認識されているケースが多いように感じています。

講師の方も、理解してストレッチ指導は行う必要があると考えております。

弛緩性の高いクライアントには、こちらの指導も行っております。

 

◆より良い立ち方・関節コントロール

日常生活や踊りやエクササイズの中で、

・伸びきった膝(反り返った状態)で立っている

・手をついたときに肘が伸びきった状態(反り返った状態)

にしていることは避けるべきです。

力を使わず楽なため、好んでこの姿勢をとりやすい傾向があります。

関節包や靭帯にもたれかかった状態ですので、

長い期間繰り返すと、組織が傷み、関節は緩くなってしまいます。

一度緩んでしまった組織は治りません。

予防のためにも、

どんな姿勢で立っていればいいのか?

どんなコントロールをすればいいのか?

をご本人にも理解していただく必要があります。

とりやすい姿勢の傾向はありますが、

1人1人コントロールの癖は違うため、

個別の指導も行っております。

 

◆筋肉のサポートを増やすこと

靭帯・関節包の生まれつきの伸長性は変えられませんが、

動的安定化機構の機能UPは可能です。

※「ゴムゴムのルフィが伸びるのは変えられないけど、筋力UPはできる

→身体のサポートUPして関節の負担を減らせる&パフォーマンスUPはできる」

といったイメージです。

効率よく筋肉をつけるエクササイズをするためには、

まずは、正しく関節コントロールができていることが大切です。

動きを理解して、関節コントロールよく実践できていたら、

エクササイズの強度を上げながら

筋力強化に向けて進めていきます。

バレエや新体操(他の運動でも)

怪我の予防だけでなく、競技動作の習得の面から考えても

正確な関節コントロールは必要になってきます。

当院にてこちらもチェック・指導しております。

◆競技動作の中で活きるように

関節弛緩性のある方は、

筋肉をバランス良く使うことが苦手な方も多く

競技動作習得の段階でつまずく方もいらっしゃいます。

 

エクササイズを競技の動作の中で、

活かせるようなプログラムもご提供しています。

 

例えば、

・ターンアウト向上に役立つエクササイズ

→各ポジションに繋がる感覚をエクササイズを通して体験

→バレエレッスンで役立てていただく

 

・床を押す感覚

・膝を伸ばすこと

などのコントロールをすることに

役立つエクササイズ

など、バレエや新体操に多いお悩みにも対応しております。

(バレエ整体の中でご提供しております)

エクササイズが競技動作習得に役立つということを

実感していただくことでエクササイズを続けるための

モチベーションUPにも繋がるかと思います。

 

他にも、必要に応じて

インソールやセルフコンディショニング、

簡単な靴選びのアドバイスなどもおこなっております。

☆最後に☆

繰り返しますが、こういった子達の場合、

動的安定性である筋・筋腱の働きを高める必要性があります。

より良い知識、それを使いこなすための判断力

具体的な方法を早い段階で習得しておくことは

大切いなことと考えています。

一生関わる身体のことです。



 

周りにご相談するところが見つからない場合、

Tommy.NABOでもご相談を受付ております。

 

●バレエや新体操の方はこちら

●一般やその他の競技の方はこちら

静岡県清水区の院は女性限定です。

出張の際は、男性可になっております。

image1 (1).png

静岡県・愛知県の

バレエ整体・女性の通いやすい整体なら

Tommy.NABO