top of page
IMG_5582.jpg

学んで、触って、動かして…

​皆と一緒に楽しく学ぶ、少人数制のグループセッション

​お勧めの方

▼バレエの学生~マダム愛好家バレエ講師ダンサーダンサー兼トレーナー

 

▼ターンアウトの身体の仕組みについて知りたいけど、何から学んでよいか分からない方

 

実際に触れて、動かし、身体のイメージをつくりたい方

​学びの流れ

・ターンアウトってどこから動く?

・ターンアウトに関わる各関節たち

・解剖学を知る

・実際に触れて、動かし、身体のイメージをつくる

・自分で行うアライメントや可動域のチェック法

・エクササイズ~バレエ動作に繋げる

​学べる内容

●身体のニュートラルな位置とは?

 どこをみたらいいのか?どんな状態が理想なのか?

 

●アンディオールの要素分解

 どこがどうやって動くの?

 何が必要?

 

●求めたいターンアウトの動きとエラー 

 よくある間違えた(体にも負担をかける)使い方や、

 どうしてそうなってしまうかもご紹介

 

●知って、触れて、動かして・・・自分の身体のイメージをつくろう!

・座学(股関節を中心に)

・実技(股関節を中心に)

 

●自分でできるアライメントと可動域のチェック法

(ケガ予備軍のチェックも兼ねて)

 

●ターンアウトの筋肉に気づく、育てるエクササイズ

 無理なく開くために、何から始めたらいい?

 お尻をぎゅっと固めてしまう方へのお勧め対策も紹介

●バレエの動きにイメージを繋げていこう

 1~5番の各ポジションや各動きを例に

ワークショップ

静岡県・愛知県の

バレエスタジオにて

12回以上の開催実績​!

​参加詳細 *現在調整中*

日時:8月~9月を予定

   約2時間半(進行状況によって延長の可能性あり)

場所:静岡市内のレンタルスペース

持ち物

身体のラインがわかりやすい服装(ぴったりしたTシャツ、レオタードなど)

水分補給の用意

お持ちの方:ターンアウトボード

定員:6名 (最低履行人数:3名)

セッション参加費:5500円 当日、現金にてお支払い下さい。

​ご不明な点ありましたら、お気軽にお尋ねください。

Tommy.NABOの想い

「股関節から回して」「ターンアウトは内もも使う」「踵から前にもっていって」

様々なキューイングがあり、色々考えてしまって

「Oh・・・なんて難しいんだ・・・」と思われる生徒さんもいらっしゃるのではないでしょうか??

レッスンとは違ったアプローチから入ることで、身体の仕組みがわかり、

「先生のおっしゃっていたことと繋がったぞ!」

「バレエって楽しい」

そこに繋がるサポートをさせていただけたら嬉しいです。

情報は沢山出ている時代になりましたが、知っているだけでは勿体無い!

 

学びの第一歩は知るところからですが、

そこから実際の触れたり、動かしたりを繰り返すことで

身体のイメージは立体的なものになっていきます。

仕組みを理解することで「ターンアウト」で無理なく関節を使うことも、

動かした筋肉が使いたい筋肉かそうでない筋肉かもわかるようになります。

 

皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

 

Tommy.NABO 冨山尚見

プロフィールはこちら

image0 (60).jpeg
bottom of page